浅草は東京の人気の観光名所でもあり旅行関連で行事などを調べている方もいて、いつ訪れても魅力的なスポットの1つです。

しかし旅行関連で行くなら季節ごとに様々な表情もあるので、いつも同じ季節に行くのではなく季節ごとのイベントを楽しむとさらに魅力のある所になります。浅草と外国人の旅行関連でも、人気がある浅草寺を参拝するコースが人気です。大みそかには弁天堂の鐘楼にて除夜の鐘が鳴り、正月中は表道の仲見世も正月飾りで彩られて正月の行事を楽しめます。

江戸時代から続いているおみくじは凶が多く、毎年多くの方が運を試しに訪れます。正月の1日~7日に限り、開運厄除札や縁結び・学業増進・開運にご利益のある愛染宝弓の授与も年初めの限定です。それ以外にも春になると隅田川の両岸に渡り美しい桜が咲きたくさんの人々がシートを敷いてお弁当を食べたり、屋台を楽しみます。

毎年の行事で3月の中旬から4月の初旬の開花状況に合わせて桜クルーズが開催されて、混雑時は希望の時間に出航できないこともあるので管理会社に問い合わせをしておくと良いです。夏には夏の行事で花火大会が7月の終わりの週末に予定されて、各地で行われている花火大会よりも、華やかな中にも昔と変わらない古くからの日本の夏を感じられる花火大会です。

悪天候の場合には翌日に順延して両日実施できない場合には中止になることもあり、決行されるときには午後7時から8時30分までの開催になります。
浅草の行事のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *