日本の中でも有名な観光地のひとつ「浅草」には、年間を通して様々な行事があります。

近年では海外からの旅行客も増加し、それにともない国内からも再評価されいる場所ですが、昔ながらの行事を大切にする下町気質の街でもあります。ここでは旅行関連の情報を説明します。浅草の行事で最もエキサイティングな期間は、5月から8月にかけてです。いまや国内だけでなく海外からも有名となった日本の祭りですが、その中でも特に有名ものに「三社祭り」があります。

豪華絢爛かつ神聖な神輿で練り歩くその景色は、まさに浅草を代表する行事です。三社祭りの後は夏の行事が続きます。毎年8月に行われる浅草サンバカーニバルは、本場さながらの衣装の踊り手達が目の前でダンスパフォーマンスを競う祭りです。踊り手のチーム単位で勝敗を決めるため、観客にも緊張感があるとてもヒートアップする祭りです。そのほか、同月には隅田川の花火大会が行われます。全国各地から見物客が押し寄せるため、花火会場の隅田川付近はとても混雑する状況になります。

見物場所の穴場として、浅草エリアがあります。会場から距離は離れますが、地元の方が各々の見やすい場所で花火を眺めているため、一緒に眺めているとリアルな下町風情を感じることができます。旅行関連の情報はネットで調べることもできますが、あえて計画をたてず現地に訪れるのもありだと思います。現地の方は下町気質の方が多いため、直接旅行関連の情報を聞くことができるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *