東京浅草は、外国人観光客だけでなく日本人観光客も多く平日でも人が溢れている状況です。

雷門から仲見世商店街、そして浅草寺に至る道はまともに歩くこともままならいほどたくさんの観光客で一杯です。旅行関連の雑誌や旅行関連のテレビ番組などで紹介されることも多く、尚のこと訪れる人が増えていると思われます。相乗効果を生むことが、更に人気を高める原因ともなっているのでしょう。また浅草を見終わった後合羽橋方面や東京スカイツリー等へも行きやすい立地条件にも恵まれていると思われます。

そんな浅草寺での行事で有名なのが、2月3日に行われる節分会です。日々の無病息災を祈念する行事となっています。また開園165年週年を迎えるのが、あの花やしき遊園地です。日本最古の遊園地として旅行関連でも有名となっており、そこで大人のためのイルミネーション「ルミヤシキ」が3月一杯までの行事となっています。

桜満開の夜に最古のローラコースターに乗り、イルミネーションを見る楽しみが人気となっています。またこの頃には隅田公園の桜まつりも素敵な光景を映しだしてくれるのです。夜桜ライトアップは、隅田川沿いとのコラボレーションも相まって、必ず訪れてみたい場所の一つとなっています。510本もの桜が咲き、駅近くの乗船場からは、お花見船や夜桜クルーズと言った催しも行われているのです。昼も夜も楽しむことが出来るのが、この時期の最大の良さと評されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *