日本国内には数々の観光名所があります。

その中でも近年人気が高いのが「浅草」です。その背景には、外国人観光客の増加があり、それに伴う国内からの再評価が高まり日本人観光客も相乗的に増加しているという理由があります。浅草は、浅草寺や雷門といった「ハード面」だけでなく、三社祭やサンバカーニバルといった「ソフト面」の魅力も多くあり、その集客力に拍車をかけているようです。そんな魅力満載の浅草ですが、さらなる人気の秘密は「ホテル」にあります。浅草にはバリエーション豊かなホテルが存在しており、ここではそれらを説明していきます。

まずホテルの件数が多いのは雷門の周辺です。このエリアは浅草の中でも特に人気のある観光スポットとなっており、その場所へのアクセスのよさが最大の魅力です。高層のホテルも存在しているため、上層階から雷門や仲見世を眺めるといつもと違った雰囲気を感じることができます。ラウンジやバーのみの利用も可能なため、夜景スポットとしてもおすすめです。雷門の周辺以外にも多くの宿泊先があります。

「コミュニケーション」を重要視するのでれば、バックパッカー向けのホテルもあります。大部屋で海外の方と相部屋になるケースもあり、実践的な英会話を学びたい方にとってはうってつけかもしれません。静かな環境を重視するのであれば墨田川沿いの宿があります。ここでは東京都内でもめずらしく屋形船やスカイツリーを眺めながらゆっくりと過ごせる部屋もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *