世界中から多くの観光客が訪れる浅草は「東京の下町といえばここ」という人も多い、下町のシンボル的な町です。

今では創建から1400年近くという東京で一番古いお寺があるほか、三社祭で知られる神社や出世にご利益があるといわれる稲荷神社があるなど、歴史を感じられる神社仏閣が沢山あります。またノスタルジックな雰囲気が漂っている遊園地もあるなど、古き良き日本の風景が沢山残っています。浅草のシンボルでもある雷門に近いホテルに宿泊すると、これらの見所をゆっくりと堪能することができるというメリットがあります。

また最寄り駅である浅草からも近い雷門のホテルなら、電車に乗るための駅にもあまり時間をかけずに行くことができます。そのため、東京の他のエリアの観光もするために電車で移動したい場合も楽です。また隅田川にある水上バスの乗り場や屋形船の乗船所も駅のすぐ近くにあるため、船でクルージングを楽しんだり船でお台場まで行くのも簡単です。

観光しやすいのが雷門のホテルに泊まるメリットといえます。そのほかにも、雷門のホテルなら日本で最も高い押上にある電波タワーも部屋から見ることができる場合もあるのがメリットです。夜にはライトアップされた地上634メートルのタワーがある夜景を一望でき、旅行の良い思い出となるでしょう。たとえ各客室から見えない場合でも、食事をするレストランでは見ることができたり、展望ロビーから見ることができることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *