「雷門」は、テレビや雑誌などで見たことがある人も多いでしょう。

浅草寺の総門であり、浅草を代表する写真スポットでもあります。訪れた観光客が必ずといっていいほど、ここで旅の記念として写真を撮影しているのを見かけます。正式名は「風神雷神門」であり、風神は風を司り、雷神は雷を司っていて、雷門をくぐると「仲見世商店街」につながり、下町風情溢れる商品が販売されていて、観光客のお土産としても喜ばれています。

スーパーなどでは、販売されていないような昔ながらのお菓子も売っています。またとない味を堪能することができるので、このチャンスに一度食してみるのもよい機会かもしれません。旅の思い出として購入して家族や友人に配ってみるのもよいでしょう。雷門を観光するのならば、周辺のホテルへの宿泊がおすすめです。日帰りでも十分に楽しむことはできますが、ホテルに泊まることで日中に浅草寺を観光し、夜はスカイツリーから東京の夜景を満喫することも可能となります。

「眠らない街」東京を思う存分に楽しむことができるでしょう。人気のあるホテルはすぐに満室となってしまうため、旅行サイトなどで閲覧して「いいな」と感じたホテルはすぐに予約を入れた方がよいかもしれません。旅行サイトによっては「直前割」というものが適応されて、前日や前々日の予約は半額以下のコストで宿泊できる場合もあります。お得に宿泊したい人にはそちらを利用することがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *